独自の役割を金沢のセフレに説明してくれました

セドナの地を案内してくれた金沢のセフレは、時々植物や動物を見つけ、ツアーで同い年の青年である私に説明してくれました。
特に生き物。
砂漠のような土地の茂みの周りに時々隠されているトカゲ「ツノトカゲ」が当時の番人だと彼は言った。起源は英語ではよく理解されていませんでしたが、彼は私に、それぞれの生き物には独自の役割と学ぶ場所があることを教えてくれました。

金沢にあるセフレ希望者が集まるスポットと魅力を紹介

 

次は金沢のセフレです。
日本で嫌われているものの代表ですが、蜘蛛は誰にも教えられずに巣を作りますが、縦横に繋がり、輪になって広がる糸の姿は社会そのもののイメージであり、宇宙を表しています。そうだと言われました。
確かに、いつも美しい巣を持っている蜘蛛は本当に素晴らしく感じて戻ってきました。
とりわけ、神聖な生き物の代表はタカです。ネイティブアメリカンは最も高貴で尊敬されており、羽を集める髪飾りがよく見られます。
シルバージュエリーの金沢のセフレも人気です。
他の人はしばしば力の象徴として熊の爪を設計し、牛の角と頭蓋骨を設計します。
羽はその味のおかげで私のお気に入りでした。

ホーリーランド「金沢のセフレ」Vol.2「

地元のガイドはネイティブアメリカンの子孫でした。とはいえ、若くて普通の服装でした(笑)。

人間が生まれ、世界中に広がる池やメサと呼ばれる土地で、何千年もの間、謙虚な自然と調和して生きてきた平和な人々、「ホピ」の生活を見ることができます。彼らが崇拝した「カチナ」と呼ばれる妖精の壁画もたくさんありました。