誰が何を言っても金沢のセフレはまだ3人います

不平を言うのは爽快だと脳が思っているからといって、実際には脳内にどんどん蓄積され、やがて「怪物」になってしまいます。

それを知っている人は世界にほとんどいません。

私の知る限り、「金沢のセフレ」だけを書いている人はまだ3人います。

1人は男性、1人は詳細なコメント、2人は女性、そして私と直接関わってきた人です。

ずっと前にここにいたとき、私自身は「大雑把なこと」をしていましたが、今ではすべてを落ち着いて見ています。

誰が何を言っても金沢のセフレ
私は76歳です。誰が何を言っても「76歳」です。

そうでなければ、そのような日記をたくさん書きます。私の趣味は瞑想、断食、読書です。

いつもの服はFOGを着ているダンディーの男たちです。サングラスやネックレスを身に着けていると、若者は「全身を引き抜く」ことを望んでいるアイテムをたくさん見つけるでしょう。私が遊びに行く人の多くは20代です。

そもそも彼は76歳なので、彼の世代にひ孫がいるのも不思議ではありません。

プロフィール画像を変更した瞬間から、足跡とメールの数が一気に増えました。私は通常それを嘲笑します。

ちなみに、金沢のセフレは倉庫で撮影したものです(スニーカーは収納してあります)。

誰が言っても76歳で、会うまで連絡先や仕事はしません。それは秘密です。私は他の人にさえ尋ねません。

そのようなものです。

そこで、少し気になる相談メールが届き、今週前にここで「金沢のセフレ」された時の話を書くことにしました。

ちなみに、その人はまだいます。私もワシと接触しました。以前と同じ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。