メニュー

セフレは泣き続けました

2020年4月15日 - 未分類

セフレは

現在、親戚と話すことを日本語で学んだダイアナは、

ユミを見捨てたと実感した

セフレした通訳をつかんで、ダイアナは泣き続けました

翻訳者⑴”

ダイアナが初めて日本に上陸

セフレで出会った少女ゆみに会うために

家の場所は事前に聞いていましたが、日本語が話せないダイアナはなかなか行けませんでした。

なんとか家に帰ると母が挨拶

ダイアナは、カタコトの英語を話す母親に笑顔で通訳を見せました。

ユミとのやり取りにもこれを使いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です